大人気ドラマ 古畑任三郎

私が子供の頃からずっと好きなTVドラマがあります。

それは、「古畑任三郎」シリーズです。

1990年代にフジテレビで放送が開始された、人気ドラマです。

田村正和さん演じる、しつこく、遠回しな言い振りで犯人を追い詰める古畑任三郎は、モノマネされるほど有名なキャラクターです。

脇を固める俳優さんたちも豪華で、また、個性的です。

このドラマを手掛けているのは、今では有名な三谷幸喜さん。

面白いセリフや、役者さんたちの自然な演技を引き出す天才です。

どこまでがセリフなんだろう?と思わせるほど、自然な言葉でドラマが進められていき、ついつい引き込まれて見てしまいます。

ドラマでは毎話、名の知れた俳優さんたちが犯人役として登場します。

このドラマの特殊なところは、「犯人が初めから視聴者にわかること」。刑事ドラマというより、コメディを見ているような感覚にさえなります。

追い詰める古畑と、追い詰められる犯人たちの、心理的な攻防からは目が離せません。

ドラマシリーズは、全3シーズンほどに加えて、スペシャルが数本あります。

脇を固めるキャラクター達も、シリーズを重ねるごとに増え、キャラクターも濃くなっていきます。ひとくせもふたくせもある登場人物たちに、きっと「ハマる」こと間違いなしです。

私が最も気に入っている回は、SMAPが全員で、本人役で出演する回です。

これはスペシャル枠で放送された、拡大版です。

5人全員が犯人な上に、本人役で出演するという、極めて珍しい設定なところがとても面白いです。

今ではSMAP全員揃うことも見られなくなったので、そういう意味でも貴重な作品だと思います。