映画そして父になる

映画「そして父になる」を鑑賞しました。

 出産した病院側の手違いで実の息子と、他人の子供が入れ替わりそれに気づかず育てて小学校入学直前に入れ替わりが発覚した親子が、本当の子供を取り戻して一から育てるのかそれとも育ててきた他人の子供との関係をこれからも続けるのか苦悩を描きそれに伴い親とし成長していく作品です。

 福山雅治演じる主人公の父親はエリート建築家で本当の息子を育ててきた相手側の両親の仕事が小さな電気屋だということで心の中で馬鹿にしたり、子供の入れ違いが発覚する以前にも出来損ないの息子に違和感を感じおり入れ違いが発覚すると「やっぱりか・・・」と呟いたりと人に対する思いやりに欠けており、そのことが原因で妻や相手側の両親と揉めていきます。

仕事優先で父親としての自覚も欠けており、子供をどうするかについても結局「血が繋がっているし何とかなるだろう」という軽い気持ちで本当の子供を選んだりと、まさに典型的なエリートの父親と言ったキャラです。

だけど手放してしまったた息子が6年間、献身的に自分のことを思っていてくれたことが分かり、自分はだめな父親だと痛感し涙してようやく父親としての自覚を持ち始めます。

そしてもう一人重要なキャラクターは6年間育てられてきた他人の息子です。カメラで父親の寝顔を撮ってあげていたり、本当は苦手なピアノを父親に喜んでもらうために続けたりとその献身的な姿に思わず涙してしまいました。

エリートの父親にこの映画は子供の入れ違いというテーマで物語が進行し、その先にタイトル通りの父親として成長する内容でそれに合わせたキャラクターに設定していてとても分かりやすい映画だと思います。

テーマについても斬新でどんどんストーリーにのめりこんでしまいました。