最後の恋に勝つルール

これはある時空港でたまたま会った二人オリヴァ―とエミリー、この二人は全くの他人だったのですが、丁度車を降りた時にエミリーが彼氏と喧嘩別れしてるのをオリヴァ―が目撃した事から気になりその後目で追ってしまうのです。

またそれに気づいたエミリーは何を思ってか飛行機が一緒だった事からトイレの中でオリヴァ―と関係を持ってしまいます。

でもこれはエミリーからすると軽い気持ち、ですがオリヴァ―は真面目な為それがきっかけとなりより気になり始めていくのです。

その後お互い行き先は違ったものの偶然にもオリヴァ―はエミリーを見つける事に、それで一緒に観光がてらオリヴァ―の趣味の写真に付き合う事になるのです。

そして二人はその後何もなく別れそれから3年が経ったある時エミリーはと言うと、新たに彼氏をつくるも別れ結局1人の状態に。それで寂しさのあまり色々な人に電話をするのですが都合が合わなくそれで最終的にまたオリヴァ―にたどり着く事になるのです。

そしてそこで再び会うもそこはくっつかず別れ、更に数年後とこの2人はこうして恋人以上恋人未満な関係をずるずると続けていく事となっていきましたね、でもこれが凄く良かった点でもあります。

お互いに何が一番大事なのかと言う事に少しずつ気づかされていくところが観ていてとても面白いところでもありました。

また特にここではエミリー、最初はパンク系な感じで軽いイメージだったのですが、少しずつ外見から内面まで綺麗な女性に変わっていく様子はとても印象的だったなと思います。

ちなみにオリヴァ―も最初の頃はさえない男性でしたが、髪もばっさりと切りイケメン男性になっていてこちらもかっこよかったです。

これもお互いに色んな意味で成長した証でもあるかもしれませんね。

こちら最初は全く知らないもの同士から始まり、少しずつ時間をかけ恋に発展していくと言う時にすれ違いもありながらでしたが、これはとても良い恋愛映画だったなと思います。