要らないDVDをネットで買い取ってもらう

マンガや雑誌、文庫本などちょっとしたものを買うのに、ブックオフにはたまにお世話になります。買う方は値段も分かり切っているし、ものが目の前にあるので納得すればそんなに抵抗がないのですが、売る方は、あまりに古いと値がつかないのではないか、あまりに安かったら恥ずかしいなどと、何かと躊躇するものです。

これまでに何度か本やDVDなどをブックオフに売りに行ったことがあります。
まずは、子どもの頃買い集めて、既に読まなくなったマンガを40冊ほどまとめて売りに行きました。人気のマンガから古くてマイナーな少女マンガまでいろいろ混ぜて売りに行きました。
大量で重いので、家族に車を出してもらって、紙袋にぎっしり詰めて持って行きました。後から考えると、紙袋は途中で破れたら危険ですし、持っていく途中で汚れたり、ページが折れたりして買値が下がってしまう心配があります。大量の本はダンボール箱か、エコバッグなどの丈夫な袋で持っていくのがいいと思います。

カウンターに持って行って番号札を受け取り、査定中は店内を見て回ります。
例えば定価600円の文庫本が300円で売られていたら、買い取り価格はその10パーセントの30円はつくのではないかと予測したりします。しかし、そうもいかないのが古本の買い取りです。

マンガの査定結果は、新しめで綺麗なマンガは一冊50円ついたものが一部ありましたが、ほぼ一冊5円と10円という買い取り価格でした。ぎっしり持って行っても全部で500円くらいでした。
もし不満なら売らずに持って帰ることもできます。が、一度売ると決めたらもう引き取ってもらうしかないと思い、この金額で売ることにしました。
買い取り金額に納得したら、身分証明書を見せて買い取りの書類に住所や氏名を書き、金額を受け取って終了です。どんなに低い買い取り価格でも、法律で決まっているので身分証明書の提示は必要になります。

映画のDVDとプレイステーションのゲーム1本も売ったことがあります。DVDは古い映画でなぜか家にあったもので、誰が買ったのかも記憶にないほど古いものでした。DVDなら価格も高いし、マンガよりは買い取り価格は高いのではないかと予測しましたが、期待していかなったですがやはり10円の買い取りでした。プレイステーションのゲームは200円でした。
今や映画のDVDレンタルは100円でできますし、マイナーな映画を見たいと思う人がいるかどうかの需要を考えると、本体価格はあまり意味がないことがわかりました。

売りに行く交通費や掛かる時間などを考えるとインターネットのDVDの買い取りサイトで売るのも一つの手だと考えて、適当なサイトを探していたら、売り方の流れや、査定のポイントなどが分かりやすく書かれているサイトhttp://中古dvd買取比較.com/

を見つけ、ここで高値で買い取ってくれる買い取り業者を見つけて、売ることが出来ました。初めての体験でしたが、実際に売りに行くのから比べれば、時間の融通が出来ますし、様々な買い取り業者から自分のDVDを高くて、送料や送るまでの時間の手間等も含めて、簡単な所を選べて便利でした。

これからはインターネットで要らない本、CD、DVDを売ろうかと思います。