とべ!アンパンマン

紹介する作品は、やなせたかしさんの『とべ!アンパンマン』です。


絵本やアニメでおなじみのアンパンマンシリーズの中で、これは漫画作品として読売新聞日曜版に掲載されていました。


テレビアニメや絵本とは違う独自設定もあり、たとえばカレーパンマンは絵本やアニメだとジャムおじさんにつくられたことになっていますが、漫画だとカレー星からやってきた宇宙人と言う設定になっています。


特に印象に残っているのは、ばいきんまんバイキン仙人のもとで修業をしている際、誤って川に落ちてしまい、滝に流されそうになります。そこでやってきたのがアンパンマンで、ばいきんまんが「なぜ助けた?」と聞くと、「ほんのきまぐれさ」と言って去ってしまう、という、アニメや絵本のただ優しいだけの性格ではないヒーローらしさを醸し出しています。それに対して、あとでアンパンマンを倒す絶好のチャンスにめぐまれたばいきんまんも、「しかしあいつには借りがある。アンパンマン今日のところは見逃してやるぜ」という、この2人の絶妙な関係を現していて好きです。


そしてこの作品では、特にドキンちゃんの表情が豊かです。ばいきんまんに対して頭から湯気を出して怒ってみせたり、かと思うと小さい子供などに優しくして「ドキンちゃんほんとはやさしいんだ」とばいきんまんに言われたり、自分から料理を作ってあげたり、ばいきんまんのボケに対してコケたり、などアニメでは見られない姿を見せてくれています。


フレーベル館から単行本も出ているので、興味のある方はぜひ。