日々行う節約と貯金術

我が家では日々節約と貯金をしているのですが、その内容をご説明したいと思います。
まず節約ですが、基本的にガスと電気の節約で、毎月の請求額をしっかりデータとして残し、それを目安に今月の事、そして来月の目標を立てます。
ガスの場合は対象となるのはほとんどお風呂などで、わずか1℃低く設定するだけでもその金額は全く違うものになるのです。たしかに一日だけ1℃下げただけでは、微々たる効果かもしれませんがそれが一か月分となれば大きな金額となってきます。体というのは不思議なもので、熱めのお湯に慣れるとそれが普通となり、その時点で温度を下げても寒く感じてしまいます。ですから夏が過ぎ秋に入る頃は特にお湯の温度をあまり上げないよう気を付けるのです。
次に電気ですが、極力使用している部屋以外の電気は消すようにしていますし、小さい事かもしれませんがスイッチが付いている延長コードなどを利用し待機電力も抑えるようにしているのです。
そしてデータとの比較が毎月でますから、その浮いた分は貯金となります。この時大切なのがどのデータを元にするのかであり、過去最大の使用量を比較対象にしていきます。そうする事で使用したつもりの貯金が絶えず可能となるからです。
次に貯金ですが、いつも決まった金額で生活を心がけ臨時の収入などは必ず貯金に回ります。もちろん貯金のみの通帳を作りその通帳はどんな事があっても使用しませんし、元々ない物だという認識で生活をしていくのです。また買い物などに行くと必ず小銭が発生しますが、これも貯金対象で500円、100円&50円、10円&5円&1円という3種類の貯金箱を作りそれぞれ貯金していきます。
ただし小銭を全て貯金するのではなく、財布が小銭でパンパンになりそうだなと感じた時のみ。しかしこんなアバウトな貯金方法でも簡単に年間で10万円以上になっていきます。
最終的には全てが貯金に回ってるという我が家の方法。節約した分何かに使用するのではなく、節約も買い物後の小銭も全て貯金に回ってきますから、特に無理も感じませんし、気づいた時にはこんな金額になっていたのかと驚くほどの効果を毎回感じています。
今後もこの方法でコツコツお金を貯めていきたいと思います。