『ゴルゴ13』の描く世界と現実の世界

ゴルゴ13』と言えば、1968年に連載が開始され、コミックスも177巻まで発行されており今なお連載が続けられている日本を代表する青年漫画の一つです。
この『ゴルゴ13』では、超一流スナイパーのゴルゴ13が世界各国の様々な人たちからの依頼を受け、ありとあらゆる手段を用いて完遂する姿が大きな魅力の一つです。
私はこの『ゴルゴ13』が描く世界の姿は現実の世界の姿をうまく描いており、それも魅力の一つと考えています。
そして、私はインドネシアシンガポールカンボジアにちょくちょく行くことがあるのですが、そこで見た景色とゴルゴ13で描かれた景色が何とも面白い対比をなしており、「ああ、あの話で描かれた場所に来ているのだな」と感慨に浸ることもあります。
例えば、インドネシアでは工業地帯のチカンペックが登場したことがありますが、私がその近くを訪れた際にもさまざまな会社の巨大な工場が並ぶ工業団地があり、「この中の自動車工場にゴルゴは変装して潜入し、依頼を完遂したのか(127巻、「ティモールの蹉跌」参照)」と不思議な一体感を感じました。
また、カンボジアの田舎の風景(「禁忌のスコープ」参照)はかつて訪れた田舎の農村の姿をリアルに描いていました。
このように、『ゴルゴ13』は世界中を舞台にし、それも実在の地名やすぐに元ネタが推定できる地名が多いため、実際にその地に行ったことがあったり読後に行くとまた違った印象を受けます。
これは『ゴルゴ13』の連載が長期にわたり、世界中の様々な場所を描き続けてきたからこそ味わえる要素だと言えるでしょう。
ゴルゴ13』の魅力はこのほかにもまだまだたくさんあるのですが、私が最近見つけた新たな魅力は、やはりこの作中の世界と現実の世界の小さなリンクだと思っています。

とべ!アンパンマン

紹介する作品は、やなせたかしさんの『とべ!アンパンマン』です。


絵本やアニメでおなじみのアンパンマンシリーズの中で、これは漫画作品として読売新聞日曜版に掲載されていました。


テレビアニメや絵本とは違う独自設定もあり、たとえばカレーパンマンは絵本やアニメだとジャムおじさんにつくられたことになっていますが、漫画だとカレー星からやってきた宇宙人と言う設定になっています。


特に印象に残っているのは、ばいきんまんバイキン仙人のもとで修業をしている際、誤って川に落ちてしまい、滝に流されそうになります。そこでやってきたのがアンパンマンで、ばいきんまんが「なぜ助けた?」と聞くと、「ほんのきまぐれさ」と言って去ってしまう、という、アニメや絵本のただ優しいだけの性格ではないヒーローらしさを醸し出しています。それに対して、あとでアンパンマンを倒す絶好のチャンスにめぐまれたばいきんまんも、「しかしあいつには借りがある。アンパンマン今日のところは見逃してやるぜ」という、この2人の絶妙な関係を現していて好きです。


そしてこの作品では、特にドキンちゃんの表情が豊かです。ばいきんまんに対して頭から湯気を出して怒ってみせたり、かと思うと小さい子供などに優しくして「ドキンちゃんほんとはやさしいんだ」とばいきんまんに言われたり、自分から料理を作ってあげたり、ばいきんまんのボケに対してコケたり、などアニメでは見られない姿を見せてくれています。


フレーベル館から単行本も出ているので、興味のある方はぜひ。

十六夜の月

「好きな曲は?」と聞かれて絶対この曲は外せない!という楽曲がみなさんにもありますよね^^
私の場合、必ず挙げるのがw-inds.十六夜の月という曲です。
あまり浸透している楽曲と言えないのが残念なのですが・・・歌詞とメロディーが本当に素敵で発売されてから10年経った今でもお気に入りソングの一つです。

作曲した方は柴咲コウさんの「月のしずく」や中島美嘉さんの代表曲でもある「雪の華」を担当した松本良喜さんです。十六夜の月はミディアムバラードとして紹介されていますが、個人的にはもう少しバラード寄りかと思っています。
何より私がこの楽曲で大好きなのが歌詞なのですが・・・聴けば聴くほど切ないんです!!涙
これまた個人的な意見になるのですが、楽曲としてスルメ曲(聴けば聴くほど味が出る曲)なのでまず一度みなさんに聴いて欲しいと思う楽曲です♪

ではでは、まず最も私がこの曲で好きなのが歌詞です。男女の別れによる悲しみを満月の翌日に現れる十六夜の月に比喩して歌っています。
私が特に気に入っているのが大サビ(2番が終わり最後のサビパートに入る前)です。
「夏に燃えすぎた太陽が沈むから 焦げたような匂いがするんだ autum...」という歌詞なのですが・・・ここでの「夏に燃えすぎた太陽」というのが二人が想いあっていた時期を指し(=満月)、「沈むから」というところでその想いがなくなってきている状態を表現していて、「焦げたような匂いがするんだ」というフレーズで悲しみを表しています。また最後に「愛は欠けるから美しい、と・・・十六夜の月」でしめます。男性目線で書かれた歌詞なのですが、最後のこのフレーズは男女問わず共感できる内容になっています。

全体的に切ない歌詞になっていて、それがまたメロディーに乗っかると切なさが増します・・・
決して人を励ますような失恋曲ではありませんが、切ない曲を聴きたくなったときにお勧めです!

クレジットカードで利息が付く買い物はやめたほうがいい

さて、今回は、私が実際に気を付けている節約術、お金を貯める方法についての情報を簡単にではありますが解説してみたいと思います。

まずは、特に気を付けていることが、できるだけクレジットカードや消費者金融のキャッシュカードで買い物をしないということであります。

特にクレジットカードですね。

現在の世の中は、本当にクレジットカードで買い物をする方が増えました。

ネット通販などのオンラインショッピングが容易にできる時代というのもあるでしょう。

しかし、このクレジットカードのお買い物は非常にもったいないです。

クレジットカードの分割払いを利用する方というのは、基本的には物欲を抑えきれずに、お金がなくてもクレジットカードに頼ってしまうといった傾向があるようです。

この時に、あまり気にしないのですが、利息というものが発生します。

この利息分が、チリも積もれば山となる状態になりましてお金が貯まらない状態というのを作っていくのであります。

特に、夏・冬のボーナスなど一時的に臨時収入が入った方は危険な傾向にあると言われています。

ボーナスが入ると自分はお金持ちになったという錯覚を起こし、ついつい、そのボーナス以上の買い物をしてしまうといった感じなのです。

そして、その前の分割払いがまだ残ってるのにも関わらず、新しいものをまたまたクレジットカードで購入してしまうといった、結局はこの繰り返しでありますからお金が貯まらないんですよね。

私の場合は、クレジットカードの利息の恐ろしさを分かっているため、クレジットカードで買い物はしたことがありません。

今の時代にクレジットカードを持っていないの?と、言われることもありますが結果的にお金を貯める方法として少しは結果が出ているので、今後もクレジットカードを持つつもりはありません。

返済時にかかる利息というものを常に頭の中にインプットしておけば、クレジットカードの分割払いやリボ払いを少しは躊躇することができますよ。

貯金通帳が底をついてからでは正直遅いです。

貯金通帳が底をつけば、今度は消費者金融に手を出し、そのお金を使えばまた無駄な利息が発生します。

利息をよく考えて人生を生きている人と全然考えてない人では、長年経過した時には、何百万という違いがでてきます。

この長期化でプランを考えてみると、どれだけ無駄なことをしたのだろうかなどの思いが湧いてくると思います。

あくまでもクレジットカードの全てを否定しているわけではなく上手く使用すれば逆に便利なカードとなります。

ただ、利息がかかる使い方を控えるだけで自然とお金は溜まっていきますよ。

参考にしてみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

日々行う節約と貯金術

我が家では日々節約と貯金をしているのですが、その内容をご説明したいと思います。
まず節約ですが、基本的にガスと電気の節約で、毎月の請求額をしっかりデータとして残し、それを目安に今月の事、そして来月の目標を立てます。
ガスの場合は対象となるのはほとんどお風呂などで、わずか1℃低く設定するだけでもその金額は全く違うものになるのです。たしかに一日だけ1℃下げただけでは、微々たる効果かもしれませんがそれが一か月分となれば大きな金額となってきます。体というのは不思議なもので、熱めのお湯に慣れるとそれが普通となり、その時点で温度を下げても寒く感じてしまいます。ですから夏が過ぎ秋に入る頃は特にお湯の温度をあまり上げないよう気を付けるのです。
次に電気ですが、極力使用している部屋以外の電気は消すようにしていますし、小さい事かもしれませんがスイッチが付いている延長コードなどを利用し待機電力も抑えるようにしているのです。
そしてデータとの比較が毎月でますから、その浮いた分は貯金となります。この時大切なのがどのデータを元にするのかであり、過去最大の使用量を比較対象にしていきます。そうする事で使用したつもりの貯金が絶えず可能となるからです。
次に貯金ですが、いつも決まった金額で生活を心がけ臨時の収入などは必ず貯金に回ります。もちろん貯金のみの通帳を作りその通帳はどんな事があっても使用しませんし、元々ない物だという認識で生活をしていくのです。また買い物などに行くと必ず小銭が発生しますが、これも貯金対象で500円、100円&50円、10円&5円&1円という3種類の貯金箱を作りそれぞれ貯金していきます。
ただし小銭を全て貯金するのではなく、財布が小銭でパンパンになりそうだなと感じた時のみ。しかしこんなアバウトな貯金方法でも簡単に年間で10万円以上になっていきます。
最終的には全てが貯金に回ってるという我が家の方法。節約した分何かに使用するのではなく、節約も買い物後の小銭も全て貯金に回ってきますから、特に無理も感じませんし、気づいた時にはこんな金額になっていたのかと驚くほどの効果を毎回感じています。
今後もこの方法でコツコツお金を貯めていきたいと思います。

要らないDVDをネットで買い取ってもらう

マンガや雑誌、文庫本などちょっとしたものを買うのに、ブックオフにはたまにお世話になります。買う方は値段も分かり切っているし、ものが目の前にあるので納得すればそんなに抵抗がないのですが、売る方は、あまりに古いと値がつかないのではないか、あまりに安かったら恥ずかしいなどと、何かと躊躇するものです。

これまでに何度か本やDVDなどをブックオフに売りに行ったことがあります。
まずは、子どもの頃買い集めて、既に読まなくなったマンガを40冊ほどまとめて売りに行きました。人気のマンガから古くてマイナーな少女マンガまでいろいろ混ぜて売りに行きました。
大量で重いので、家族に車を出してもらって、紙袋にぎっしり詰めて持って行きました。後から考えると、紙袋は途中で破れたら危険ですし、持っていく途中で汚れたり、ページが折れたりして買値が下がってしまう心配があります。大量の本はダンボール箱か、エコバッグなどの丈夫な袋で持っていくのがいいと思います。

カウンターに持って行って番号札を受け取り、査定中は店内を見て回ります。
例えば定価600円の文庫本が300円で売られていたら、買い取り価格はその10パーセントの30円はつくのではないかと予測したりします。しかし、そうもいかないのが古本の買い取りです。

マンガの査定結果は、新しめで綺麗なマンガは一冊50円ついたものが一部ありましたが、ほぼ一冊5円と10円という買い取り価格でした。ぎっしり持って行っても全部で500円くらいでした。
もし不満なら売らずに持って帰ることもできます。が、一度売ると決めたらもう引き取ってもらうしかないと思い、この金額で売ることにしました。
買い取り金額に納得したら、身分証明書を見せて買い取りの書類に住所や氏名を書き、金額を受け取って終了です。どんなに低い買い取り価格でも、法律で決まっているので身分証明書の提示は必要になります。

映画のDVDとプレイステーションのゲーム1本も売ったことがあります。DVDは古い映画でなぜか家にあったもので、誰が買ったのかも記憶にないほど古いものでした。DVDなら価格も高いし、マンガよりは買い取り価格は高いのではないかと予測しましたが、期待していかなったですがやはり10円の買い取りでした。プレイステーションのゲームは200円でした。
今や映画のDVDレンタルは100円でできますし、マイナーな映画を見たいと思う人がいるかどうかの需要を考えると、本体価格はあまり意味がないことがわかりました。

売りに行く交通費や掛かる時間などを考えるとインターネットのDVDの買い取りサイトで売るのも一つの手だと考えて、適当なサイトを探していたら、売り方の流れや、査定のポイントなどが分かりやすく書かれているサイトhttp://中古dvd買取比較.com/

を見つけ、ここで高値で買い取ってくれる買い取り業者を見つけて、売ることが出来ました。初めての体験でしたが、実際に売りに行くのから比べれば、時間の融通が出来ますし、様々な買い取り業者から自分のDVDを高くて、送料や送るまでの時間の手間等も含めて、簡単な所を選べて便利でした。

これからはインターネットで要らない本、CD、DVDを売ろうかと思います。